監視カメラの情報から

  • 管理者
  • 2017-07-02
  • 未分類
  • 監視カメラの情報から はコメントを受け付けていません。

犯罪の抑止や証拠の確保など、様々な形で役立ってくれる監視カメラですが、監視カメラが撮る映像は、経営にも役立つといわれています。最近はカメラの性能も向上し、小型化やコスト削減などが行われるようになり、より多くのカメラを設置し、それらの映像をリアルタイムで確認できるようにもなりました。それが経営でも幅広い使い道が生まれるきっかけとなっており、特に客層分析において活躍しています。

監視カメラは店舗が24時間店内の様子を撮影しており、不審な行動をとってもすぐに発見することが出来ます。経営において注目されたのが、監視カメラで録画されている店内の様子で、そこからお客の人相や年齢などを把握して、客層がどの年代や性別に集中しているのかを調査します。店内でいちいち店員が調査する必要もなく、後からの確認も容易なので、犯罪が起きる様子がなくても、監視カメラの映像は保管され、経営の参考資料として使われています。

客層を把握できるようになると、それだけで経営はより円滑なものとなります。例えば特定の客層に人気の商品を増減したり、商品の数が大きく減る時間帯に入る前に棚卸しを行ったりと、客層を把握するだけで一日の流れを予想し、スムーズに準備を進められます。もちろん犯罪が起きそうになた時もすぐに対応でき、安価で高画質になったおかげで、店内の死角もなくなり、犯人の人相も完璧に把握できるようになりました。防犯と売上アップのためにも、ぜひ最新式の監視カメラを導入してみてください。