効率を高めるために

  • 管理者
  • 2017-07-07
  • 未分類
  • 効率を高めるために はコメントを受け付けていません。

現在では至る所に取り付けられている監視カメラは、犯罪の防止や証拠の確保などに役立っていますが、それと同時に店舗経営にも活躍しています。万引きなどを素早く察知するのはもちろんですが、最近は監視カメラからの映像を下に、日常業務の作業効率をアップさせるためのアイデアが次々と生み出されています。上手くいけば日々の業務に余裕が生まれ、より多くの利益を得られるでしょう。

現在販売されている監視カメラは、より高画質で、たくさんの映像を大量に保存できるようになっています。そのため監視カメラからの映像を元に、店内の様子をくまなく確認することで、客層をより正確に把握できるようになりました。客層把握が正確になったということは、客層にあわせた接客がより簡単に出来るようになったことを意味し、店内を回って様子を伺うなど、以前に行われていた客層確保のための作業をほぼカットできます。

客層把握が出来れば、日々の作業効率もアップします。お客が多く来店しそうな時間帯が近づけば、その前に店員を補充しておいたり、店内で商品を探して歩き回る人が多かったら、案内板などを設置するなど、日々の映像の記録を元にして、大勢のお客に対応したり、店内を案内するなどの手間を省き、作業効率をさらに高めることが出来ます。防犯と経営のためにも、監視カメラの導入や更新を行いましょう。